おいしいパンのガイドです


by patispanpan

バゲットはいつがおいしい?


パンはいつが一番おいしでしょう?

例えば、バゲット。

窯から出したばかりのバゲットは天板の上で、
パチ、チリ、パチ、チリと音を立てます。
これを「パンが鳴く」という表現することもあります。
バゲットの白い中身の部分が、もっともっと思いっきり膨らみたいヨ〜と、
黄金色の皮を突き破ろうとする音。
これを聞けるのは、厨房にいる人だけの特権だと思います。

さて、ではバゲットはいつが一番おいしいでしょう。

窯から出したての「鳴いている」バゲットは、本当に美しく、
クープ(生地に入れた切れ目の筋)のエッジの鋭さ、
めくりあがった皮の張りは、たまりません。

けれども、その美しさとおいしさは別もの。
実は、焼きたてすぐのパンは、
イースト臭やアルコール臭が生地から抜け切らず、
炭酸ガスも残っているのです。

では、いったい、いつがおいしいのでしょう…には、いろいろ意見のあるところ。
一般的に、蒸気がすっかり抜けた2〜3時間後とするシェフが多いようですが、
4〜5時間経たないと、中身の白い部分が熟成しきらないというシェフも。
私個人としては、30分から1時間後のまだぬくもりがある程度が好みです。

いつも「ビゴ」さんや「クピド!」さんでバゲットを10本単位でいただきますが、
今日はラッキーデー!…、という日は、受け取ったバゲットがほっかほか。
そんな時はいつも以上に車の中がパンの香りでいっぱいになり、とてもしあわせ。
当然、我慢ならず、袋から出し、かじりながらの運転になるのですが、
これが、私にとって一番おいしい瞬間。

何も付けなくておいしい。
何もなくても本当においしい。

私たち日本人は、とにかく「出来立て!」が大好き。
焼きたて、揚げたて、茹で上げ、もぎたて…といった具合に。
その瞬間を尊ぶ、大切に思う気持ちがおいしくさせるのも事実ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
パン・ディプロマでは、パン好きのための知識や情報をたくさん、ご紹介しています。
バゲットについてはもちろん、世界のパンについて勉強しています。

    講座スケジュールは
    →→→食の資格のページへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ビゴの店」さんには、バゲットがいっぱい。バゲット・ムッシュ・ビゴが大好き!
http://bigot-tokyo.co.jp/index.aspx

「クピド!」さんの粉と酵母の味わい深い、もっちりしっとりバゲットが大好き! 
http://www.cupido.jp/index.html

______________
パティスガストロノミー協会
http://patis-swing.net/

〒153-0053
目黒区五本木1-40-5
TEL:03-3714-0625
FAX:03-3714-7779
Patis.swing@s7.dion.ne.jp
_______________
[PR]
by patispanpan | 2009-12-01 18:01